Cheese Appreciation Class   久しぶりのチーズ教室☆



ヘイズは少し良くなったとほっとしたらまた悪くなるの繰り返しで、今もまたすごく煙っています。今日は喉がいがいがした感じで少し痛くなってきました。いつまで続くのやら。違法な野焼きは厳しく取り締まってほしいものです。



今日は、久しぶりのチーズ教室でした。お友達と前回参加したのは6月だったかな、7月だったかななどと言っていたのですが、調べてみたら5月でした。いつものことですが、時間が経つのが早いです。その後多分ハードチーズのレッスンがあったと思うのですが、わたしはハード系が苦手なので不参加でした。

今日のレッスンのテーマは、「ハーブ、スパイスと共に楽しむチーズ」。教えていただいたチーズは、

* フロマージュ・ブラン(Fromage Blanc)
* セル・シュール・シェール(A.O.P)(Selles-sur-Cher)
* クロミエ(Coulommiers)
* フロマージュ・デュ・マキ(Fromage de Maquis)
* ゴーダ(Gauda)
* ラングル(A.O.P) Langres




画像






画像





画像





馴染みがあるのはフロマージュブラン、ゴーダ。ラングルもシンガポールで何度か購入しています。



ワインは、チリのソーヴィニヨン・ブラン。スパイシーなワインでした。




画像






最初に、フロマージュブランにハーブや調味料を加えた「セルヴェル・ドゥ・カニュ cervelle de canut (絹織り人の脳みそ、という意味)」をパンにのせていただきました。調べてみると、リヨンのビストロでは必ず置かれているものだそう。少し酸味があってニンニク風味の軽いマヨネーズのような感じで、とても美味しかったです。




画像






画像





2つ目は、セル・シュール・シェール。シェーブル(山羊)のチーズ。ポプラの木炭で覆われています。熟成が進むと鮮やかな黒からグレーになり、コクが出て甘く滑らかになります。セージ、黒胡椒、ディル、オリーブオイル、ピンクペッパーなどと合わせていただきました。どれも美味しかったですが、特にディルとピンクペッパーが好きでした。




画像






画像





クロミエ。カマンベールに似たチーズ。シナモン、ナツメグ、柚子胡椒と合わせていただきました。胡椒以外にスパイスをのせてチーズをいただくとうのは初めてでしたが、美味しかったです。




画像





画像





フロマージュ・デュ・マキ。コルシカ島のチーズで、羊のミルクからできていてハーブをまぶしてあります。調べてみたところ、毎年冬から初夏にかけてつくられるそうなので、夏にはフレッシュな美味しさ、秋から冬にかけては熟成が進んでコクのある美味しさとなるそうです。今は秋なのでやや熟成が進んだ状態でしょうか。そのまま(ハーブははずして)いただきました。




画像





画像






ゴーダ。やはり、ハードチーズ(正確にはセミハードだそうですが)は苦手。マスタードと。




画像







画像





ラングル。ウォッシュタイプ。フォンテーヌと呼ばれるくぼみが特徴で、これはチーズを熟成させるときに反転作業を行わないためにできるそう。クミンやキャラウェイと一緒に。




画像





画像






プロビドールから今日のチーズから1品を使ったものを出してくださるのですが、今日はウェルッシュレアビット(チーズオントーストのようなものですが、ビールでチーズを溶かしています)。ただ、熟成した美味しいゴーダチーズを使うのはもったいないということで、代わりに似た系統のチーズのチェダーを使ってあるそうです。わたしが知っているウェルッシュレアビットはもっとチーズたっぷりですが、こちらのは軽くいただけました。




画像





画像






それでもチーズは結構お腹にたまりますしパンもそこそこいただいているところにウェルッシュレアビットをいただいたので、お腹いっぱいになりました。




今日もそれぞれのチーズのことや面白く美味しいスパイスやハーブとの組み合わせを教えていただき、とても楽しかったですし美味しかったです。ハードチーズは今も苦手ですが(溶ければオーケー)、ゴートチーズやシープチーズものによっては結構美味しくいただけるようになって来ました。仲良しのお友達ともご一緒で、楽しいひとときでした。ありがとうございました。

10月のレッスンは無理と諦めていたのですが丁度日本とイギリス、マラケシュの旅行の間に戻っている2日間のうちの1日に次回のクラスがあるそうなので、出席させていただけることになりました。次回のテーマは「赤ワインに合うチーズ」だそうです、楽しみです☆




I joined a Cheese Appreciation Class at Providore with some friends. Today's theme was "Enjoy cheese with herbs & spices". The cheese we learned about and tasted are :


* Fromage Blanc
* Selles-sur-Cher (A.O.P)
* Coulommiers
* Fromage de Maquis
* Gauda
* Langres (A.O.P)

Fromage Blanc and Gauda are very familiar and we've bought Langres in Singapore a few times as well. We learned the origin, characteristic and marriage with wine/herb/spices of each cheese. It's always such fun to learn sometihng new. I wish I could remember all these, though.

I specially enjoyed dill and pink pepper with Selles-sur-Cher and cinnamon and nutmeg with Coulommiers. Chervelle de Canut (Fromage Blanc with some herbs, garlic, cream, wine vinegar etc) that the instructor made was also delicious. The wine we had (from Chilli) was also nice, light and spicy. I've had cheese with some herbs but never with spice - very interesting.




"Cheese Appreciation Class   久しぶりのチーズ教室☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント