Kaiseki   旅館のご飯☆



大抵の方たちは旅館に泊まる楽しみは夕ご飯だと思うのですが、お魚もシーフードもだめなわたしは昔からご飯の時間は全然楽しみではありません(笑)。子供の頃は、味付け海苔やふりかけを持って泊まりに行っていました(笑)。最近はお願いして別のお料理を用意していただくようにしていますが、嫌みのようなことを言われることもあり毎回ちょっぴり苦痛だったりします。今回はメールでの対応がとても良く、有り難かったです。

ただ、肝心のお料理の方は、最初からいきなり(1品だけお寿司が但馬牛のお寿司に変わっていた以外)夫と同じもの(ほとんどお魚、シーフード)が出て来てちょっとびっくり(苦笑)だったり、その後は但馬牛づくしでお椀、ステーキ、煮込み、タタキ、しゃぶしゃぶと全体に脂たっぷりの但馬牛で、ヘビーでしたしビーフばかりで飽きてしまって正直泣きそうでした。特別にご用意くださっているものだけに残すことも出来ず夫に1/3ずつ手伝ってもらってなんとかいただきましたが、わたしにとっては苦行のような夕食でした。少ない量の夕食というパッケージを選択したので夫に手伝ってもらえたのが幸い。こちらの我がままを聞いていただいているのですし豪華な但馬牛づくしなんて喜ぶべきところなのだとは思うのですが。。。


また、夕食の希望の時間を聞かれたときに一番ゆっくりの7時でお願いしていたのですが、6時にお部屋にいきなり係の方が来られて夕食の準備をしたいとおっしゃったのにも驚きました。準備と言っても何をする必要があるのでもないので、なんのために1時間も前に来られるのか不思議でなりません。夫がちゃぶ台で仕事をしていましたのでもう少し後でお願いしたいとお願いしたところ結局7時10分前に来られましたので、10分前でも、もっと言えば7時からでも問題なかったはず。この辺り、よくわからないことでした。朝食も一番ゆっくりの9時でお願いしたところ、30分前にお布団を上げに来るとお聞きしていましたが、20分に来られました。旅館側は早く済ませてしまいたいということなのでしょうが、これもまた、あと10分くらい待って下されば良いものをと思わずにはいられません。

他の面では何も言うことはなく、フロントの方たちもご親切でしたし好印象だっただけに、少し残念でした。

最初のコース。




画像





夫の食事のメニュー。




画像





2品だけ、アップ。他にも土瓶蒸しやアワビなど。。。




画像






画像






わたしの食事のメニュー。全部、但馬牛。




画像





こちらも、数品あっぷしておきます。




画像





画像





画像






画像






デザートは、梨のコンポート、柿、葡萄、ほうじ茶のプリン。




画像





1人のためにわざわざコースメニューを考えて食材を仕入れるのが大変ということはよくわかりますので、例えばお鍋など手間もかからず材料も特別なものが必要でないものを選ぶことが出来るようになっていると有り難いのにと思います。夫は大体なんでもいただけますがアワビや土瓶蒸しを美味しいと思う人ではなく、お鍋の方が嬉しい人でですので、選択出来ればお鍋などで十分満足。一応高級な旅館なので会席料理を出さなくてはということなのだと思いますが、お鍋だけ、とか、スープとステーキとお野菜などシンプルなものを選択出来るシステムになっていればお互い助かると思うのですが。



そして、翌朝の朝食。夫は朝ご飯だけは和食はだめなので(朝からご飯やお魚は見るのも辛いそうです)、いつも食パンだけでも良いのでと洋食をお願いしています。西村屋さんには外国の方達もたくさん宿泊されるようで、英語で朝食を選べるようになっていたのは助かりました。

でも、夫に毎回「なんで日本では朝からサラダが出るんだろう?」と不思議がられます。なんてことをFacebookに書いていたら、(日本人の)お友達から「ご主人に賛成、サラダが不思議、それにあんなに食べられない。」とコメントが入りました(笑)。旅館の朝ご飯が楽しみとおっしゃる方も多いですが、わたしも普段朝は抜いてしまう人なので、食パンとジュースで充分なのにと思う人です。この日も「せっかく作ってくださったのだし。」と無理していただき(それでもサラダはいただけず。。。)、食後のお散歩中に気分が悪くなってしまいました(苦笑)。




画像









At the ryokan in Kinosaki, we had the usual lengthy dinner. As I cannot eat fish or seafood, I asked them to give me something simple - but they gave me Tajima beef one course after another. Although I do appreciate them accommodating my request of substituting fish and seafood, Tajima beef is very fatty and heavy beef, it was much too much for me to have so much of it.

The traditional Kaiseki meal is beautifully presented and my husband is able to eat most of it, but we would have both enjoyed something more simple like a Japanese hotpot, which would have been easier aas well as cheaper for them. I totally understand that they feel they need to serve expensive dinner because staying at this sort of places is quite expensive but I wish they gave you a choice of something more simple. The photos of the dinner are just a few dishes of what we had.

My husband can eat most things but he says he cannot face Japanese breakfast (it's usually rice, pickles, fish and quite a lot of other things in a place like where we stayed and many Japanese love that) so we request a Western style breakfast. I guess many non-Japanese stay at this place, they asked us to fill in a form of breakfast choice so we asked "sunny-side-up", "orange juice" and "coffee". To my husband it's a big mystery why Japanese have salad in the morning but it has always been that way if you get a western style, I have no idea where it's from.





"Kaiseki   旅館のご飯☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント