新しい環境に馴染めなくても。。。☆



そろそろ、さくらんぼの季節ですよね。日本のさくらんぼは見た目がかわいらしくて絵になりますが、アメリカンチェリーもそれなりに可愛い。

久しぶりに、「今日のディナー」ではなく、写真を撮るために写真を撮ってみました。と言っても相変わらずせっかくある三脚も使わず、スタイリングと言えるスタイリングもせず、カシャカシャっと数枚撮っただけですが。。。思いついたのが夕方で、早く撮らないと既に暗くなりかけているので(苦笑)、撮らないよりは、ね。





画像




画像






写真とは全く関係ないのですが。。。


このところ、少し前、又はつい最近になってシンガポール生活を終えられて本帰国された方や別の赴任地に行かれた方たちとお話する機会が多く(春は転勤の季節ですものね)、改めて、香港やシンガポールは比較的外国人にとって住みやすいところであることを感じ、また、海外に住むということ、そしてしばらく海外にいて自分の国に戻るということ、つまり距離のあるお引越しがどれだけストレスになるかということを感じています。ご主人たちももちろんそれぞれに大変だとは思うのですが、みなさん会社に行かれて仕事をされるという環境は大きくは変らない場合が多いのに比べ、奥様たちの生活は一変することになり、住んでいるところとの繋がりが感じられないなんとも不思議な気分を味わうことになります。ブログには書けることはまだ良い部分で、本当に辛い時は書けない場合が多いものです。


以前にも同じようなことを書いたことがありますが、ブログを読んでくださっている方も変っていると思うので、ちょっとそんなことに触れてみたいと思います。もちろん、わたしは精神科医でもカウンセラーでもありませんし、そういう方面の知識も多いわけではありませんので、似たような経験をした1人からの1つの意見、その程度に受け止めてくださいね。

驚かれることもありますが、今では大好きな香港も、最初は住み心地が良いとは言えませんでした。あれこれ書くと香港の悪口を言っているようにとられるのも嫌なので書きませんが、理由はなんであれ、これまで住んでいたところと大きく環境が変わるのは、自分では意識しなくても大きなストレスになるのは当然のことだと思います。若い頃1人で英語を勉強しに英国に行ったときはホームシックなんてかからず、貯めたお金がなくなっても日本に帰るのが嫌だったくらい楽しい英国生活でしたので、香港生活にも不安もなかったのですが、思っていたより大変で、元気を出そうと思えば思う程元気がなくなった時期がありました。友達も出来て楽しいはずなのに、なぜだか体調も悪く気持も元気になれない、あんなに遠い英国で楽しく暮らせたのに、どうして?


香港に住み始めてしばらくしてから、YWCAでの「新しく赴任して来た人たちのための集まり」に参加したのですが、そのときそのグループのリーダーが話してくれたことがとても印象に残っています。ある方がある日トイレに入ったら、トイレットペーパーがなく、その途端に大泣きしてしまったというのです。もちろんそれはトイレットペーパーが原因ではなく、それまでに経験しているたくさんの大変なことの積み重ねがあり、トイレットペーパーがなかったことで堰が切れてしまったのです。そして、そういう経験、又はそれに近い経験を多くの人たちが経験しているはずです。でも、たまたま泣いてしまったところに居合わせていた人以外の人たちには、たぶんその方は「とっても元気に楽しそうに、毎日生活されている」かのように映っているのです。余程のレベルまで達しなければ、みんな、人に逢う時は元気に見えるものですし、そうして泣ける人はまだ良いかもと思います。辛い時に辛いと言える人は少なく、自分の適応力のなさを恥ずかしく情けなく感じて、人にも話せず、ただ我慢する人の方が多いのではと思います。

わたしの場合,シンガポールに来た時はすでにお友達がいてわからないことを教えていただけましたし、ときどき外出も出来ましたし、ライフスタイルも香港と大きく違わなかったのですんなり馴染むことが出来ました。こうしてブログでたまに愚痴ることが出来たのも、気持の整理が出来て良い気がします。香港のときは初めてのアジアでの暮らしで日本の暮らしとはずいぶん勝手が違いました。知り合いは1人もいませんでしたので、何をどこで買えば良いのかということさえわかりませんでしたし、ストレスに感じる香港のあんなこともこんなことも、それが香港、自分が外人、受け入れるしかない、文句ばかり言っている外人は最低(そういう人、日本でたくさん見たので 笑)、と溜め込み過ぎて知らないうちにストレスが溜ってしまっていたように思います。夫にも心配をかけたくなかったので愚痴も言わず、香港に移って1年以上日本にも帰らなかったので、息を抜くことが上手く出来ていなかったのでしょう。そして、わたしの場合は二度と日本に住むことはないのだ、という気持ちも大きな原因だったように思います。


これは海外で暮らした後、自分の国に帰った場合も同じだと思いますし、むしろ自分の国なのだから、もっとすんなり馴染めるはずという思い込みでかえって辛い場合も多いと思います。海外赴任者が多いところではお友達も作りやすいですが、自分の国ではかえって大人になって新しいお友達はなかなか出来ません。海外で暮らしているうちに知らないうちに自分が海外に出る前とは変っているということもありますし、同じ国民だからこそ、違和感を感じて疎外感を感じる、ということもあると思います。海外で楽しく暮らせる人ほど、自分の国に帰ったときの違和感は大きい気がします。また、そういう気持をわかってもられる人も周りにいない場合が多く、「香港では」とか「シンガポールでは」とつい言って顰蹙を買ってしまって反省したり(苦笑)。

日本にしろ外国にしろ、お友達が出来たとしても、本当に心を許せるお友達、自分をありのまま受け入れてくれると安心しておつきあい出来るお友達、そういうお友達はそうそう簡単に出来るものではありません。自分を本当に受け入れれもらっているのかどうか心配に感じたり、前に住んでいたところで親しくしていたお友達との時間や空気が急にたまらなく恋しくなったり。


何が言いたいのかと言えば、わたしも含めてほとんどの人が新しい環境に慣れるまでは寂しかったり辛かったり大変な気持を抱えながら生活する時期がありますし、慣れてからでもそういう時期をまた過ごす場合もあるということ。馴染めないからと言って、情けなく感じる必要などないと思うのです。中には運良くすっと新しい環境に溶け込めてずっと楽しく過ごされる方たちもおられると思いますが、それはごく少数で、気持が沈んだり元気になれないと感じる時期を経験することの方がごく普通のことだと思います。

最初の頃だけに限らず、慣れたと思った頃にふと気づくと、やっと出来た友達たちはみなさん他に赴任されて、また新しくお友達を作る気力が出なかったりすることもありますし、慣れているつもりでも外国暮らしは何かとストレスが溜るものだと思います。自分以外はみんな、新しい場所にすぐに慣れて、元気に楽しく暮らされているように見えがちですが、決してそうではないということ。(もちろん、これは、ずっと自分の国で暮らしている場合にも、当てはまると思います。多くの方が何かしら苦しい気持を抱えながらも、表面的には元気そうに生活されているものです。)

頑張り過ぎず、事情が許すなら辛いと思ったらときどき気持ちが休まるところに逃げて、あせらずゆっくり元気を取り戻せば良いのです。自分の落ち込んでいる気持に集中せずに、考えても仕方のない心配なこと、嫌なことは考えないようにして、お友達がいればお友達と楽しいことを話して笑って、まだ見つからなければ大声で笑ってしまうような、又は楽しい気持になれるような番組や映像を観たり本を読んで過ごしているうちに、ふと気持が軽くなっている、そんな日が来るはず。


震災のときにも良く使われた「頑張って!」と言う言葉、わたしは意識して使わないようにしています。もちろんそれが善意から出た言葉であれば、それが力になることもあると思いますし、気軽に使える状況やそれしか言葉が見つからないという場合もありますが、わたし自身はあまり好きな言葉ではないのです。だって、みんな、言われなくても頑張っていますから。ですので、わたしはむしろ、「頑張り過ぎないでいいよ~。」と声をかけたいと思っています。


今、新しい環境でちょっとブルーになっている方に、応援の気持で書いてみました。




No English writing in this posting, it's just too long! The photos are what I took today - just a bit of a practice.



"新しい環境に馴染めなくても。。。☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント