Dim Sum in Hong Kong   香港2日目ランチ/『誉満坊』で飲茶☆



2日目のお昼は、香港に住んでいた頃に時々夫とも行っていた『誉満坊』で飲茶でした。




小籠包。そういえば、このお店で小籠包を食べたのは初めてのような気がしますが、皮がちょっと固かった。これは、ディンタイフォンの方が美味しい。




画像





飲茶ではほぼ必ずオーダーする、ハーガウ。




画像





小さめの焼いた肉まん。




画像





ガイランの豚肉巻き。




画像





デザートに、揚げた黒ごま餡団子。熱々でとろとろの餡が入っています。




画像






久しぶりの香港の飲茶、もちろん美味しかったのですが、以前大勢のお友達とたくさんの種類を1口ずついただいていたのと違って夫と2人だと数種類しか食べられず、消化不良な感じの飲茶でした。もっと食べたいものがたくさんあったのに~。

レトロな店内もお店の方の愛想のなさも(笑)、昔のままでした。





画像






画像






画像







シンガポールに比べてぶらぶら歩きなら出来るくらいの涼しさだったので、ハッピーバレーのお店からコーズウェイベイにあるタイムズスクエアーまでぶらぶらと歩きました。歩きながら洗濯物がかかっているビルなど見ながら夫と「やっぱり、香港の方が面白くて楽しいね~。」と楽しい街歩きでした。シンガポールは少し離れたところにわざわざ行けばショップハウスの並ぶところなど面白いところもありますが、わざわざ、な感じなのでなかなか行けません。香港は普通にぶらぶら歩いていろいろな景色に出会うのが楽しい。

お買い物をするショッピングモールも、個人的には香港の方がずっと好きです。というのもシンガポールのようにどこにいっても同じということはなく、ローカルのごちゃごちゃしたモールもあれば、静かできれいで近代的で贅沢な雰囲気を味わえるモールもあり、それぞれに結構特徴があるのです。

もっと時間があれば香港らしい景色を撮りに歩いたのですが、今回はあまり時間がなく残念。シティースーパーでちょこちょこっと買った以外は大したお買い物はしなかったのですが(というか、あまり時間がなかった。。。)、夫からお誕生日のプレゼントにほしいものを探すようにとお達しがあり、なかなかこれと思う物が見つからず、それに時間を取られてしまったのでした。




The lunch on our 2nd day in Hong Kong was dim sum at Dim Sum in Happy Valley. It's one of the restaurants I used to go to with my friends and also with my husband when we lived there. I used to really enjoy dim sum with a group of friends because you can have one of so many things but with just 2 of us we couldn't have much and there were many other dishes I would have liked to have! Still, it was good to have it there.

After the lunch, we slowly walked down to Time's Square in Causeway Bay because it was relatively cool and pleasant enough for me to walk. As we walked, we said to each other how we find Hong Kong much more interesting and fun comparing to Singapore. Singapore is nice but isn't very interesting as it seems to have lost its character by getting rid of lovely characteristic buildings. I also enjoy shopping in Hong Kong more. Shopping Malls are much nicer in Hong Kong, you can go to their local noisy places if you like but you can also choose posh, beautiful and luxurious malls.






この記事へのコメント