Dinner at Gidleigh Park   ミシュランの2つ星レストラン☆


旅行中、途中までは毎日あったことをアップ出来ていましたが、湖水地方を離れてからはほとんど出来ていないので、少しずつアップして記録に残しておきたいと思っています。

デヴォン州のダートムアーにあるお気に入りのホテル Gidleigh Park のことは書きましたが、ホテルでの食事のことがまだでした。こちらのホテルは本当に大好きなホテルですが、ミシュランの星が2つついているこちらのレストランは、個人的にはあまり好きなタイプのレストランではありません。数年前まではとても伝統的でヘビーで食事をするのが苦痛なくらいでした。ところが数年前にスタイルが変わってずいぶん今風になり軽くなって2年前の前回は印象が良かったのですが、今回は再び残念でした。

室内がかなり暗かったのとラップトップで写真編集をしているので、色が全体に飛んだ感じになっていますが。。。

サービスのアミューズをラウンジでいただいたあとレストランに移動して、今回は前菜、メイン、デザートのコースをいただきました。夫の前菜は、ビーツ(何種類か違うビーツ)とゴートチーズのサラダ、わたしはフォアグラのパテ。




画像







画像





画像





画像





メインは、夫は仔牛肉だったと思います。




画像





わたしは仔牛と迷った結果、お肉は臭みが気になることがあるので安全だと思ったアスパラガスやマッシュルームやグリーンピースのリゾットにしたのですが、これが大失敗でした。お米の芯はしっかり残っていて口の中にたくさん芯が残ってしまっていましたし、味も塩分が濃く、全体にもっともったりしているのがリゾットだと思うのですが水分が少なくてセルクルを使ったとはっきりわかる形のままびくとも動かず、リゾット独特のもったりした食感ではなく食べているのが苦痛なくらいでがっかり。





画像





1皿目のデザートはリンゴのデザートで、ムースやゼリーや乾燥したリンゴなどいろいろな食感が楽しめ、このときのディナーの中で美味しかったと印象に残っている1品です。




画像





夫のデザートは、ルバーブのトリオだったと思います。




画像





わたしのデザートは、ピスタチオのスフレ。




画像






またラウンジに戻ってからの、プティフール。



画像





画像





ということで、ミシュランの星付きなので結構なお値段でしたが、わたしたちにとっては残念な夕食でした。この日、シェフはイベントに出ておられてお留守だったので、そのせいもあったのかもしれませんが、それにしても。。。ミシュランの星ってよくわからないなぁ、とよく思います。





There are many things I haven't had time to blog about so I'll be blogging more about our holidays in the next few days.

The above are the photos of the dinner we had at "Gidleigh Park". Although it's my favourite hotel in the whole world, their restaurant isn't my favourite. I used to dislike it because their food was very heavy and so traditonal that, to me, it was quite boring. A few years ago, they changed their style (though the head chef is still the same) and I liked it more. The last time when we had dinner 2 years ago, we quite enjoyed it. However, this time, we didn't like it. It was mostly too salty to me but that's probably just me, I tend to like less salt than many English people. The big problem was the risotto. I don't know if in French restaurant risotto is supposed to have hard cores? To me, risotto should have just lost that hard cores but hasn't gone too mushy or too soft. It also needed more "liquid" because it didn't move a millimeter from the shape they made using a circle and was almost solid - as far as I know it's supposed to be slightly gooey and should move very slightly when you pour it on a plate rather than standing in its shape. It really was unpleasant and was able to eat only about 1/3.

I learned later that the head chef was at an event and wasn't there (he isn't there every day anyway so that shouldn't be the reason but) and that could be a part of why the risotto was like I explained. I did make a point of telling the service person but they did not come back with any comment, which doesn't seem right either if they care.

The rest wasn't memorable either (but OK) except the dessert of apple, which I liked very much with different textures and taste of jelly, foam, dried etc.





この記事へのコメント

2014年05月07日 17:28
noodleさん
私も あまり 2 3星になると 値段の価値とおいしさ、感激さが なくなってくると思うのですけど、hkにも 3星のレストランあるけれど、?????と思うものばかりでしたし、イタリアも 何度か 2 3星にいったけれど、ほぼ イタリアというより フレンチに近くなってるか フュージョンが 多くて このサイズで この値段??とがっかりするものばかりでしたもの!
だから いっても 1星しか 行かないようになりました。
自分が 気に入ってるレストランが 一番いいですよ!
2014年05月07日 17:48
cookieさん、イタリア料理は特に高級なところより普通のところの方が好きです、おっしゃるように高級レストランはミシュランの星に限らずどこもフレンチのようになってしまって、イタリア料理の良さがなくなってしまう気がします。あの力強さが好きなので。

ただ、こういうホテルに泊まると近くに美味しいレストランがあるわけではないので、ホテルのレストランでいただくしかない場合が多いのですよね。ノーチョイス、という感じです。トリップアドバイザーの評判はすごく良いですけど。。。