Blackwell House   ブラックウェル・ハウス☆


昨日は一日出かけていて、夕食の後は眠くてブログを書けず寝てしまいました。もう時差ぼけは直っているはずなのですが、シンガポールと違って暑くないので、普通の時間(より早めかも)に眠れて普通の時間に起きられる毎日です。日本での2週間に続いて、寝貯め中。



昨日は、午前中は甥っ子と姪っ子の2人はコッテッジに残り、弟夫婦とわたしたちは4人で Windermere(ウィンダミア)湖の近くにある 『Blackwell House』に出かけました。素晴らしい景色を見下ろす一般公開されている住宅です。



画像





画像





画像





画像





画像





アーツ・アンド・クラフツ派の建築家、Baillie Scottによって、マンチェスターの醸造家、Edward Holtのために1897年から1900年にかけて別荘として建てられた建物で、それまでの住宅よりもずっとシンプルで現代的な設計になっています。どのお部屋の暖炉の両側にも明かり取りの窓があり、暖をとりながら本を読んだり出来るように造り付けのソファーがあり、居心地が良さそうでした。




画像





画像





画像





借りていた家から大きな道に出た辺りに、ブルーベルがたくさん咲いているところがあり、とても綺麗でした。写真よりずっと鮮やかに一面がブルーです。




画像






夕食は外食の予定だったのと昨日がコテッジで過ごす最終日でしたので、ランチは冷蔵庫にあった残り物(スープ、チーズ、ローストポークなど)でした。




画像





Yesterday morning, our nephew and niece stayed at the cottage and we went out to Blackwell House near Windermere Lake with my husband's brother and his wife. It was beautiful weather until afternoon so the view was wonderful and we enjoyed walking in the hosue. We all loved the idea of sitting at the fire place sofa with a little window where the light will come in - it'll be lovely to read a book near the fire.

After that, we went back to the cottage and had lunch - all the left-overs as we were planning to go out for dinner.





この記事へのコメント