Day 1 in Venice   ベニス1日目☆


翌日、朝9時にベニスに車で向かいました。お友達が思っていたより時間がかかり、ホテルに着いたのは2時過ぎでした。ローマ広場の駐車場に車を停めて、水上タクシーでベニスに向かいます。




画像





画像





画像





最初の1泊は、Londra Palaceというホテルに宿泊しました。(ホテルのお部屋などの写真は、旅先からアップしています。)




画像





画像





ホテル着が2時過ぎていたので、ランチはホテルのレストランのパティオで軽くして、荷物を置いてお友達の泊まられたホテルまで歩き、チェックイン後散策に出かけました。旅先からも写真をアップしましたが、ベニスはどこを撮っても素敵です。




画像






画像





画像





画像





画像





画像





ベニスでは、チケターレと言って、バー(バーカロ)をなん軒かはしごして、スプリッツァを飲みながらチケティ(おつまみのような、前菜のような、タパスのようなもの)をいただくというのがベニスの人たちの夜の過ごし方なのだそうで、昔夫と行ったときはわたしの「地球の歩き方」を参考に、地元に人たちに混じっておどおどしながら(笑)数軒のバーカロに行きましたが、言葉もほとんど出来ないので居心地があまり良くなかったのが印象に残っています。ご一緒したお友達の奥様がイタリア人なので(ミラノご出身)、今回はもっと楽しめるはずと思っていたのですが、わたしの情報にもお友達の情報にも「素敵なこじんまりとしたバーカロ」と書かれていたので行ってみたバーカロ(とっても見つけにくい場所にあり、4人で探しまわってやっと辿り着いたのですが。。。)が若い学生さんたちで一杯で、いくつかあったテーブルが満席だったのはもちろんのこと、お店の中から溢れた人たちで周りはごった返していました。ちょうど土曜日でしたのでそのせいもありますが、チケティは安くてお腹の足しになるので若い方たちに人気なのだと思います。以前夫と行ったときも座るところはなく、立ったままつまんで飲んだ記憶です。また、ベニスなのでほとんどがお魚やシーフードのおつまみで、わたしが食べられそうなものは1品か2品でした。わたしはそれで全く構わなかったのですが、お友達の奥様はテーブルに座って召し上がりたい様子でしたし、わたしたちもどうしてもそこで、ということでもなかったので、チケティはあきらめて、結局どこかのレストランで食事をすることになりました。

とはいえ、すっかりそのバーともう1軒のバーをはしごするつもりだったわたしたち、レストランの情報は持ち歩いていず、どうしたものか。。。辺りのレストランを覗いて見ましたが、ここと思うところもなく。。。夫と2人だったら恐らく適当なところに入っていたのですが、イタリア人のお友達、たぶん責任を感じられ観光客相手の美味しくないところには入りたくなかったのだと思います。日本で外国人のお友達と一緒だったら、やはりわたしもそう感じたと思うのですが、イタリアと言ってもベニスが地元ではないので、どこと言ってご存知なく。。。

で、イタリア人のお友達が、近くの道端でおしゃべりされていた地元の男性お2人に「この辺に、美味しいレストラン、ありますか?」と聞いてみてくださることに。お声をかけて聞いてくださったところ、(ベニスの道って説明出来ないところが多いのですよね)説明できないので連れて行ってあげる、とお1人が連れて行ってくださったのですが、そのお店は満席でした。「日本から来てる人もいるんだよ!」とプッシュしてくださっていましたが(笑)、予約で満席は満席、どうにもならず。「仕方ないな、じゃあ、2つめのチョイスだけど。」と元きた道を戻ってもう1軒のお店に連れて行ってくださいました。途中で会った方が「こんばんは、弁護士さん!」とおっしゃっていたそうなので、弁護士さんだったようです。

とってもご親切にしていただいて、とっても有難かったのですが。。。このレストランがいまいちで。。。(涙)。




画像





トマトは味のない熟れていないシンガポールのトマトみたいでしたし、野菜のグリルは本当にさっとグリルしただけで半生で調味料ゼロ(自分で味付ける、ってことなのでしょうが)。わたしのシンプルなトマトソースのパスタはとても美味しかったですし、お友達のイカスミのパスタも美味しかったそうですが、デザートにオーダーした「メレンゲのセミフレド」はアイスクリーム(ジェラート)と生クリームと甘いメレンゲ。お皿を下げに来られたお店の方は上機嫌で「美味しかったですか?」と聞かれましたが、お友達が「これはセミフレッドじゃないですよ。」と言ったら急に表情が変わりました(苦笑)。そして、イタリア人のお友達は、怒ってました(笑)。

それにしても、地元の人に聞いてもダメとは、ね~。やっぱり、ベニスで美味しいものをいただくのは、、難しい気がします。もちろん高級レストランに行けばそれなりのものをいただけるのだと思いますが、個人的に、高級イタリアンはあまり好きではなく、中位の普通のお店の普通のお料理がイタリアでは好きなのです。高級イタリアンはフレンチっぽくなって、イタリア料理の力強さが感じられないので、雰囲気を楽しみたいとき以外好んではいただかないのです。

ということで、がっかりな食事でしたので、お店の名前も住所も控えずでした。



食事は少しがっかりでしたが、なかなか見つからないバーカロをベニスの路地を歩いて探したのも、地元の方がわざわざ歩いて10分ほどかかるところに連れて行ってくださったのも暖かく楽しい思い出ですし、お友達と過ごした時間も楽しい時間でした。旅先では思うように行かないこともいろいろありますが、そんなこんなも、後になれば楽しい思い出になるものです。





We left our friend's house in Lugano at 9:00am in their car for Venice. It took us quite a lot longer than they estimated to get there. After we parked their car at Tronchetta we took a water taxi to the hotel where my husband and I were staying - Hotel Londra Palace. I blogged some photos of the hotel from Italy.

As it was already past 2:00pm, we decided to just check-in, drop our luggage and have lunch with our friends on the patio of our hotel. We had a light lunch with a couple of bottles of Rose wine.

After lunch, we walked to the hotel our friends were staying, dropped their luggage and went out walking around in Venice. I uploaded some photos of Venice when we were in Italy. It's hard not to take photos everywhere in Venice because wherever you look it looks beautiful. I really cannot explain why it looks beautiful when the paint is coming off the buildings and everything is all Higgledy Piggledy, but I suppose that's exactly why it looks so beautiful.


The first night in Venice, we thought we'd try to "cicchettare". It's a tradition in Venice - visiting a series of Bacaro (bars/pubs) and have spritz and cicchetti (small local appetizers). Years ago when my husband and I were in Venice, we tried it - and although we enjoyed it we found it quite intimidating to order at the counter what we wanted (without knowing what anything was) without being able to speak the language because there is no menu. This time, we thought, it should be much more fun as we had our friend who is from Milan with us.

We chose a couple of Bacaro from my and our friend's information and ventured out. It took us a while to find the first place because as we all know the streets in Venice are very complicated. When we eventually found the place it was overflowing with people and most of them seemed students. As I remember, when my husband and I tried before these places were also full of people and never had a table available so I wasn't so surprised, but our Italian friend seemed to be surprised so maybe it's not always so busy. Anyway, we decided that it wasn't comfortable for us and tried to find a restaurant to have dinner at instead.

However, as we didn't have any information about restaurants with us, we were sort of lost. We looked at a few places nearby but we weren't sure. In the end, our Italian friend asked 2 local gentlemen who were chatting in the street if they knew any good restaurant and one of them very kindly took us to his favourite restaurant. Unfortunately, it was fully booked - not surprising as it was a Saturday night. So he took us back to his 2nd favourite.

It was so kind of him to do this to us strangers and we are grateful, but the restaurant was a bit disappointing. My pasta and our friend's pasta was good but the rest wasn't so good. The dessert was supposed to be semifreddo but it was actually just gelato and some whipped cream. Our Italian friend was very annoyed and told them it wasn't semifreddo (although it was my husband and I who had it). I think she was annoyed more than we were because she probably sort of felt they were cheating and maybe felt responsible as an Italian.


Although the meal was a little disappointing, the evening wasn't. It was sort of fun to be lost in little streets in Venice, finding our chosen the place to be overflowing with people and then being shown by a kind local gentleman to other restaurants. We had a lovely evening with our friends and the whole experience made a lovely memory.




この記事へのコメント