Fresh Ravioli   夫と2人、ラビオリを作る☆



今日は、夫と一緒にラビオリを作りました。

まだアップ出来ていないのですが、トスカーナのお料理教室だけでなく、ウンブリアのLetiziaさんのお料理教室にも夫と2人で参加させていただきました。(近いうちにアップする予定です。お料理教室で教えていただいた中の1つに、「洋なしとリコッタチーズのラビオリ」がありました。5年前にLetiziaさんのお料理教室に参加したときにもパスタマシーンで伸ばしてゆくやり方を教えていただきましたし、何度かホテルのお料理教室や香港のお料理教室でも生パスタは習ったのですが、いつも習って1度くらいは復習してもその後なかなか作らないので、毎回、これで良かったっけとたまに作るたびに不安だったりします。今回、なるほど~!と思うツボがいくつかあり、忘れないうちに復習したいと思っていたので、夫張り切って作ってみました。

レッスンで教えていただいたラビオリは、詰め物は洋なしとリコッタチーズ、ソースはレモンバターソースにはちみつをかけたものでした。今回も基本は同じですが、Letiziaさんのブログにあるレシピのようにバルサミコ酢(20年もの)をかけてみました。




画像




画像





今回習って思った、パスタ生地をのうまく伸ばすコツは、生地を入れるときに長くなって来たら手前の生地をフリップ(あちら側にぽん、と投げるように落とす)ことと、パスタ生地を受ける腕の形と手の形。腕はバレリーナのように肘を外側に出して、手のひらの人差し指から親指に載せ、長くなってきたら手前に引くのではなく、上に上げて行くこと。そのとき、うっかり生地をひっぱって変に伸ばしてしまわないように、人たし指から下の手にかけるように載せること。あとは、ときどき粉をつけて、生地が無理やりひっぱられないように気をつけること。Letiziaさんもブログに写真を載せておられます、ご参考に。

パスタ生地のレシピもいろいろですが、ラビオリの生地は柔らかいほうが美味しいので、イタリアのパスタ用の粉 00粉だけで、セモリナ粉は使っていません。生地は、Letiziaさん式に、フードプロセッサーで作りました。100gの粉に対して卵大1個が基本ですが、シンガポールは湿気が多いせいか生地が柔らかかったので少し粉を足しました。




画像





画像





画像






レッスンで習ったときは詰め物の洋梨はそこそこの大きさに切ってソテーしてからリコッタチーズとペコリーノチーズと一緒にフードプロセッサーにかけましたが、今回はブログのレシピのように洋梨は細かく切ってソテーしてチーズと合わせました。


あまり張り切っていたので早く作りすぎてしまい、しばらくは布巾にのせていたのですが、詰め物の水分で少しラビオリ生地の底が柔らかくなっていたので水分が出てしまっては大変、と早めの夕食にしました。夫が作ったラビオリはわたしの作ったラビオリの倍くらいの大きさで(笑)、バラバラな大きさのラビオリでしたが、生地は柔らかく美味しく出来ていて大満足な出来でした。ソースは、レッスンのときのように蜂蜜をかける方が好みでした。


とにかく、成功して良かったです☆



My husband wanted to make fresh ravioli for dinner because we learned it at Letizia's cooking class in Umbria. (I will write more about the class sometime later.) We followed her basic pasta dough recipe - 100g of "00" flour and 1 large egg. Because of the humidity here Singpaore, the dough felt a little too soft so we added a little more flour and it worked nice and easily.


My husband and I have made fresh pasta quite a few times - we leaned it in Letiza's class 5 years ago as well as in some other cooking classes. However, this time, I think we finally got a few very important "tricks" for successfully making fresh pasta sheets.

1st trick is the way you "flip" the pasta sheet from your side to the other side whilst running it through the pasta machine. The 2nd is the shape of your left arm and hand so you just let the sheet of pasta hang on our hand from your index finger down. 3rd is to pull your hand up rather than towards you when the pasta sheet gets longer. 4th is to flour a little when it starts feeling less dry (so it doesn't stick to the machine and get stretched in a strange way). Letizia has photos in her blog.

We were so keen to make them that we started too early - I forgot that the moisture in the filling can cause some problem. Fortunately the filling wasn't very wet and it was OK for an hour or so but I noticed the bottom part of the ravioli was getting sightly soft in an hour or so, so we decided to have dinner early. Next time we shouldn't start so early!

In the class, Letizia didn't put lemon zest in the filling and used it in the butter sauce instead. She also used honey instead of balsamic vinegar. Today, we thought we'll follow her recipe in her blog and also add some pine nuts, as I like having some different texture.


As you can see on the photo, some ravioli (my husband's) were very large and some (mine) were small but they came out very nice and silky - we were very happy! We decided however that We liked using honey better than balsamic vinegar, so next time we'll use honey.






この記事へのコメント