Masaoor Pulao   お家に代々伝わるインド料理☆



今日は、パキスタン人の女性にインド料理の中でも手間のかかる、ビリヤ二の作り方を教えていただきました。以前、チキンのビリヤニをコリアンダーリーフのお料理教室で習ったことがありますが、今日教えていただいたのは、ミンチのビリヤニ(Masaoor Pulao)。和食もそうだと思いますが、それぞれの家庭でいろいろ特徴がありスパイスの配合もいろいろですが、今日教えてくださったのは『ファミリー・レシピ』、お家に伝わる特別なレシピだそうです。

インド料理屋さんでいただいたことはありますが見た目普通の炊き込みご飯か、フライパンで炒めてスパイスを加えたご飯のように見えるので、コリアンダーリーフで習うまでそんなに手間がかかっているとは知りませんでした。カレーはカレーで作り、ご飯はご飯で炊いてからお鍋に層にして入れて更に火を入れて作ります。


今日教えていただいたミンチ(キーマ)のビリヤニは、ご飯とドライなキーマカレーとレンティルをそれぞれ作って層にします、レンティルを煮る時にミントを入れるのがとても意外でした。




画像





キーマカレーに入れるスパイス入りヨーグルト。インド料理はいろいろなスパイスが必要で、多くの方にとってはこれが高いハードルのようです。




画像





キーマカレー。




画像






別に炊いたご飯の上に、キーマカレーをのせたところ。




画像





その上に、レンティルをのせます。




画像





更に上から炊いたご飯をのせて、サフランとオレンジ色の色素で色をつけます。




画像






更にしばらく火を入れて、少しお焦げを作って出来上がり。上から下まで全体をすくって盛りつけます。




画像






今日は、タッパーウェアーに入れて、主人と2人分持ち帰らせてくださったので。ご一緒したお友達と一緒に我が家に戻り、簡単なサラダと一緒にいただきました。(夫の分は、残してあります。)




画像






とても美味しかったです。教えてくださる方ご本人はもっともっと唐辛子を増やしてスパイシーにされるそうですが、辛いものが苦手な人のためにかなり辛さは控えめに作ってくださっているので、辛味はかなり少なめ。本来のインド料理にはギーを使うところを、米油に少しバターを加えるなどされているのでとてもあっさりしています。自分たちで作るときは、もう少しチリを増やそうと思います。

ただ、このお料理、最初に書いたようにとても手間がかかり、この1品に2時間くらいかかっています。そして、ご覧になってわかるように、知識がなければそんなに時間がかかったとは見えないのですよね~。なのでちょっと躊躇してしまいますが、教えてくださった方もおっしゃるように、キーマカレーの状態で冷凍も出来ますし他のお料理にも応用出来ますし、とてもおいしかったので近いうちに復習したいとは思っています。





I learned a very special Indian dish from a Pakistani lady with a couple of friends today. It's "Masoor Pulao" and apparently her family recipe. I have learned how to make Chicken Biryani at a Coriander Leaf's cooking class sometime ago and was surprised how time consuming it was to make.

The completed "Masoor Paulo" has a few layers. From the bottom, rice, keema curry with potatoes, lentils, the rice again with some colourings from saffron and orange colouring.

The lady who showed me how is very conscious that some people cannot take a lot of chilli powder so she doesn't make it very spicy and she also uses oil instead of ghee (and adds some butter when necessary), so it was very light and delicious. She gave us enough for 2 people each for us to take home. My friend and I came back to our place, had some of the Pulau with a simple small salad for lunch.

I still feel it seems a lot of work for one dish, specially if you are going to serve it to someone who has no idea how much work it is. It took her about 2 hours. However, like she pointed it out, I can make the keema part and lentil part and freeze some of each to use sometime later and keema can be very versatile, so I'll make an effort - and serve it to those who would appreciate it!





この記事へのコメント

ポーレイ
2013年01月23日 20:51
noodleさん、こんにちは!
ビリヤニもどきみたいなのは、食べたことがありますが、これはさすがお家に伝わる味だけあって、美味しそうです♪
でも、確かに、地味に手間がかかるんですね~。
レンティルの層の写真に写っている、オレンジ色の丸いものは何ですか?
以前の日記へのコメントでおっしゃっていましたが、多種類のスパイスを使うインド料理にも困らないくらいのnoodleさんのお宅のスパイスたち、すごいですね!
日本では(というか我が家の近所では)、レモングラスもなかなか見つからないです・・・。
2013年01月23日 21:05
ポーレイさん、こんばんは!

とても美味しかったですよ~。たぶん、ギーを使えば更に美味しくなるのでしょうね。オレンジ色の丸いものは、彩りに入っているプチトマトです。

我が家の冷蔵庫には30種類くらい(全部スパイスではないのですが)のスパイスの瓶が並んでいます(笑)。ホールで買えば何年も使えますから、場所を取ることを除けばそれほど大変でもないのですが。。。こちらではレモングラスもこぶみかんの葉もどこのスーパーでも手に入るのです。日本ではなかなかね。