French in Kobe   神戸でお気に入りのフレンチ・レストラン☆



しばらくブログアップを怠っていたら面倒になってしまいましたが、夫から「全然アップがないけど、どうなってるの~?」とプッシュが(笑)。


夫とは、神戸で4泊しました。初日は、神戸で10年程住んだ場所の近くにあるお好み焼き屋さんで、ちょっとした鉄板焼きのようなものとお好みや焼きそばなどの夕食でした。(写真、撮り忘れ。)2日目の土曜日は、「Matsushima」で、食事をしました。美味しいお料理ももちろんのこと、とても暖かさを感じるサービスで、いつも伺うのを楽しみにしているレストランです。

前回からメニューの組み立てが変って、わたしには更にいただきやすくなりました。季節のコースをいただきましたが、前菜はフォアグラを選び、お魚をお肉に変えていただきました。(どちらも追加料金が少しかかります。)


アミューズは、自家製ののハム。




画像






香ばしく熱々のパンも美味しくて、ついつい何切れも。。。なくなる頃になるとさりげなく次の1切れが、お皿にのせられていました。




画像






前菜は、『フォアグラのテリーヌ、 ラ・ピエールブランシュのパン・デピスのアイスクリームを添えて』ガラスの器に入っているのが、パンデピスのアイスクリーム。ドライフルーツや無花果のジャムと一緒に。とても美味しかったです。(ただ、わたしにはフォアグラのパテの量が多かったので、1/3程夫に助けてもらいました。)




画像





もう1つの前菜は、『土牛蒡のポタージュ、 里芋と鴨胸肉の軽い燻製』。牛蒡の香りたっぷりでした。熱々だったので、火傷に注意!添えられているのは、夫には鴨の胸肉の薫製と里芋でしたが、わたしにはローストビーフと里芋。夫もおいし~いといただいていました。薫製の香りと牛蒡の香り、合いそうですよね。




画像





夫のメインは、『タスマニア産牛肉の赤ワイン煮込み』とメニューにありますが、当日はニュージーランドのビーフと言われたような気がします。とても柔らかくて美味しいと言っていました。



画像






わたしは、『スペイン産ラルポークのロースト アーモンドと焼きパプリカのソース』でこちらも美味しかったです。パプリカはスモーキーなタイプのパプリカでした。



画像






1つ目のデザートは、『長野パープルとコンフィレンスを柑橘のジュレと共に 』。長崎パープルというのは、皮付きのままいただく葡萄でしたが、とても良い香りで甘くおいしい葡萄でした。ハーブの香りが効いていて、食感もお味もとてもおいしかったです。




画像





2つ目のデザート、『柿のコンポートとミルクチョコレートのムース 林檎のソルべ』とメニューにあります。赤いソルベがリンゴだったのかどうか、記憶が定かでなく。。。(笑)。美味しかったのですが、パンを食べ過ぎたのか、チョコレートのムースが結構どっしりしていて完食ならず、でした。



画像






最後に少し、ケーキとチョコレートテリーヌが出て来ました。




画像






このチョコレートのテリーヌは、生チョコの固まりのような感じで濃厚ですがとても美味しいので、数回前から宅急便でチョコホリックの母に送っていただいています。





こちらではお料理教室もされているので是非参加したいと思いつつ、なかなか参加出来ずにいます。いつか、きっと☆

食事が美味しいことはもちろんのこと、レストランに来られるお客様たちも静かにお話される方たちばかりで雰囲気が良く、またオーナーシェフもフロアー担当の女性もいつも暖かいサービスをされるのでとても居心地の良いレストランです。今回も、楽しく美味しくいただきました☆




Matsushima
兵庫県神戸市中央区山本通3-2-16 ファミールみなみビル 1F

Tel: 078-252-8772




Last Saturday, my husband and I had dinner in our favourite French restaurant in Kobe - Cuisine Franco Japonese Matsushima. We love the place because you are guaranteed to get very warm service as well as good food.





Matsushima
Famile Minami Bldg 1F 3-2-16 Yamamotodori Chuo-ku Kobe-shi, 650-0003

Tel. 078-252-8772 / Fax. 078-252-8773



この記事へのコメント