Italian Home Cooking Class イタリア家庭料理のレッスン☆


昨日は日中眠くてたまりませんでしたが、今日は元通り。やはり時差がない旅行は楽です。


ここ数日、ブログの管理ページにアクセス出来ない時間帯が多く、ブログアップが思うように出来ません(涙)。今出来たのに1分後には出来ない、ということの繰り返しで、イライラすることこの上なし。マーガレットリバーのワイナリーのことなどまだまだアップすることがあるのですが、とりあえず今日のことを。



今日は少し前にお友達からご紹介いただいて楽しみにしていた、イタリアの家庭料理クラス(Italian Sorrisi)の初めてのレッスンでした。先生のお宅ではなく出張レッスンということでしたので、我が家でのレッスン。お1人以外は、先生とも初顔合わせでした。

ハロウィーンも近いので、テーブルは簡単ですがハロウィーンのアクセントで。ここ数年、ハロウィーンというとこのテーブルクロスの組み合わせでつまらないのですが、なかなかテーブルクロスを買う機会がなく同じものばかりになっています。パープルのクロスが欲しいのですが。。。



画像




画像





お1人ご参加予定だった方が今朝体調を崩されてキャンセルされ、ご本人も楽しみにされていたのでとても残念でしたが、賑やかで楽しいレッスンでした。前菜、メイン、デザートと1品ずつ教えていただけるので、先生のメニューから今回はわたしが選ばせていただきました。前菜は、野菜の詰め物焼き。今日使ったのは、ズッキーニとトマト。詰め物にはアンチョビが使われているのですがわたしはいただけないので、わたしの分はハムを入れたバージョンで材料を用意してくださいました。

最初にデザートを焼いたとき先生が思っておられたよりあまりに早く色がついたので、こちらはオーブンの温度設定をやや低めにしたところ思っていたより焼き色がつかず、もう少し焼けた方が良かったとおっしゃっていました。日本人は比較的軽く火を入れたお野菜を好む傾向にあるような気がしますが、イタリア式にはもっと火が通っていた方が良かったのだそうです。少し焼き色がついた方が良かったかもしれませんね。わたしたちは、おいしくいただきました。




画像





画像





メインは、パスタのマッシュルームとポルチーニのソース。不思議なことに、使ったブラウンマッシュルームが煮ても煮てもしこしこしていて、先生が思っておられるような柔らかさにならず(苦笑)。不思議なマッシュルームでした。パスタの茹で具合も先生はもう少し柔らかい方が良かったとおっしゃっていました。あと一歩柔らかくても良かったかもしれませんが、日本のレストランではこれくらいで出て来る気がします。ソースもポルチーニから良い味が出ていて、とっても美味しかったです。




画像





デザートは、アーモンドとコーンミールのタルト。タルトという名前にはなっていますが、ビスコッティのような固めのビスケットという感じです。北イタリアのMantovaというところのお菓子で、きれいに切ったりせず、げんこつで割るのが特徴のようです。コーンミールが入っているので固いからだと思います。赤ワインかイタリアのスパークリングワインにつけながらいただくものなのだそうです。(ランチでは写真を撮り忘れたので、後から撮りました。)




画像




画像





フルート型のシャンパングラスではビスケットを浸しながらというのは難しいので、グラスを変えましたが、久しぶりにベニスのムラノ島から買って来たグラスを出してみました。阪神大震災で全部割れてしまったので、再びムラノ島に遊びに行ったときに買い直したという思い出があるグラス類ですが、こういうデコラティブなものはこのところ使わなくなっています。




画像





今日は先生から特別にとイタリアのスパークリングワインをいただいたので、ランチタイムから飲んでしまいました。しばらく飲まないつもりだったのですけどね(笑)。お1人はほとんどお酒は飲めない方で、先生も1杯くらいしかいただけないそう。つまり、ほとんど2人で1本空けちゃいました(怖)。


よその家のキッチンで作るのでなかなか先生の思い通りに仕上がらなかった面もあったようでしたが、とても楽しい先生やお友達とあれこれ冗談を言いながら一緒の調理をするのは楽しかったですし、どれも美味しかったです。

次回のレッスンも決まっているので、少し先ですが楽しみです☆




(追記)電話会議が7時からあるというので、今日の夕食は6時半! わたしはサラダとパンを少し、夫には夫の夕食用に取っておいたズッキーニとトマトとランチのときに残ったトマト、パスタを暖めたものにサラダを加えたものが今日の夕食でした。




画像





画像





Today, we had an Italian Home Cooking Lesson by an Italian lady. She was introduced by a friend and this was our first lesson. She doesn't hold her classes (Italian Sorrisi) at her home so it was held at our place. I made the table setting with little Haloween accents.

The menu we learned today was :

* Stuffed Grilled Vegetables (verdure Ripiene Alla Ligure)
* Pasta with mushroom & porcini sauce (Pasta Al Funghi)
* Almond and cornmeal tart (La Sbrisolona Mantovana)

As anchovy, which I cannot eat, is used in the stuffing for the vegetables, the instructor prepared another version with ham for me. We used zucchini and tomato for the vegetables. We baked the dessert first and the instructor found our oven so powerful that we set the temperature quite a lot lower for the vegetables, then the vegetables didn't get cooked as much as they should according to the instructor. It's hard to cook in someone else's kitchen. Anyway, we enjoyed it very much.

The pasta sauce was also full of porcini flavour and very tasty. The pasta should have been cooked a little longer according to the instructor but again we enjoyed it very much. I agree with her that maybe it could have been cooked a minute longer but it was totally fine.

Although the name of the dessert is "tart" it's more like a biscuit. It's from Mantova. You don't cut the biscuit, you break it with a fist so it looks very rustic. I guess it's because it's quite tough being made with cornmeal.

We all had fun, laughed a lot and enjoyed the tasty lunch after cooking. Great fun. We are already looking forward to our 2nd lesson in November.

p.s. My husband's dinner was the zucchini & tomato that I kept for him and also some pasta that was left from lunch (plus salad that was newly made).





この記事へのコメント