Cooking Class お料理教室☆



画像





Wolgan Valley Resort & Spa では、夫とお料理教室(シェフのデモンストレーション)も受けました。(予約した宿泊パッケージに含まれていました。)デモンストレーションがあったのは、ポテトのニョッキ(チョリソのソース、ポーチドエッグのせ)とビーフ(フィレ肉)のステーキ(ホランデーズソース、フィンガーポテトのフライとローストトマト添え)。この何年か、ポーチドエッグをのせるというのが流行っているのか、メニューによく見かけます。

どちらもあまり珍しいお料理ではなく基本中の基本というものでしたので特に勉強になったことはありませんでしたが、1つだけ知らなかったことを学べました。ポーチドエッグを作るとき、普通はお湯にレモン汁を入れたりお酢を入れて卵白が散らないようにしますが、わたしはこの酸っぱいポーチドエッグが苦手なので自分で作る時は入れずに作っていました。なんとか固まりますが、どうしても結構散ってしまいます。こちらのシェフは何秒か殻のまま茹でてから割るとおっしゃっていて、そうすると散りにくくなるそうです。




画像






ニョッキ。使われたチョリソがそれはそれはスパイシーで、辛いのがそれほど苦手でもないわたしと夫もヒーヒー(笑)。オーストラリアで食べたチョリソは、なぜかどれもとても辛味が強かったです。でも、このニョッキ、なかなかおいしく、ソースも簡単なので是非作ってみなくては。




画像





フィレ肉のステーキ。乳製品が余り得意ではないのでホランデーズソースも苦手で1切れだけいただきましたが、柔らかく丁度良い具合の火の通りで(丁度日本のミディアムくらい)臭みもなく、とてもおいしいステーキでした。不思議なのは、同じホテルのレストランでいただいたハンバーグは臭くていただけなかったこと。よくあることではあるのですが、こうしてお料理教室でいただくとお肉も臭くない場合が多いのです。オーストラリアでいただいたステーキで臭くなかったのは、(お友達宅でいただいたもの以外)このときにいただいたお肉くらいかな? なぜでしょうね~? レストランでは事前にある程度火を通したりしている場合が多いから、臭みが出ておいしくなくなってしまうのではないかと勝手に思っているのですが、ステーキはそんなことはしないでしょうし。。。





画像






A cooking demonstration by the executive chef was included in the package we booked for staying at Wolgan Valley Resort & Spa, so my husband and I joined the class. He showed us how to cook potato gnocchi (with chorizo & poached egg) and Fillet Steak (with Hollandaise sauce, fried finger potatoes & roasted tomatoes). As both of them are very basic cooking, I didn't learn anything specially new except one thing - boiling eggs for some seconds before cracking to make poached eggs. Although you are supposed to use vinegar or lemon to stop egg white to spread, I hate that sour taste on eggs so it was a good tip to learn.

The potato gnocchi was very good. The chorizo was, we thought, too spicy ( and we quite like spicy foods but it was too much for us) but it was a nice simple way to serve gnocchi. I don't like Hollandaise sauce very much (and it was about 5.00pm so I didn't want to eat much) so I tired just one slice of the steak and it was very good, too. I don't usually like fillet outside Japan because they tend to be dry but this one was nice and tender. It also didn't smell strong. I had a burger in their restaurant but it was very strong and gamy I couldn't eat, so it's a mystery how this steak was so delicious and the burger wasn't. It's often the case, though. By some reason, what you eat at a cooking class tastes better than what you eat at their restaurant in many places. My guess is that pre-cooking at restaurants makes them less fresh/tasty.

Anyway, it was fun to watch the chef cook. I always enjoy it, just the way how they work (the way they salt, they way they knead a dough etc) looks great.



この記事へのコメント

ポーレイ
2011年05月10日 09:45
Noodleさん、こんにちは!

オーストラリア旅行記、楽しく拝見しています。

旦那様が大変お忙しそうで、仕事から離れてリフレッシュしづらいことをご心配されるお気持ち分かります。
でも、確かに2週間お休みを取って、お2人で、またお友達と、素敵な時間を過ごすことができて、嬉しいことですよね!

Noodleさんご夫婦のご旅行では、いつか泊まってみないな~と思うようなホテルが紹介されるのも、楽しみのひとつです。

今回お気に入りとなったホテル、シドニーから4時間も走るだけあって、風景もいいですね~。

いつもながら、お写真が、街の様子にしろ、お料理にしろ、旅先の風景にしろ、透明感があっていいですね。
2011年05月10日 10:56
ポーレイさん、お久しぶりです、いつもご覧いただいてありがとうございます。自分では進歩せずマンネリだなと思っていますが、写真もお褒めいただいてありがとうございます。

そうですね、2週間2人で、そしてお友達と楽しく毎日過ごせるのはとても嬉しく幸せなことですね。わたしたちは特に旅行が好きなので、毎年の楽しみです。シドニーの郊外は北海道やイギリスに似た風景が広がっていて、更に行くとサンフランシスコの郊外のような山々が広がって、きれいでした。
2011年05月10日 11:08
noodleさん
レストランは 事前に焼いてるので とかいてますが、 パスタもですよ~。 うちは してませんけど、絶対に 風味が 落ちると思うんですけどね。 時間かかるのですけど、 風味落ちるぐらいなら、待ってもらった方が いいと思ってます。ちなみに ハンバーグは 一番質の悪い肉の場所を つかってるので おいしくなく 臭みが あるのかもしれませんね。。 あと つくってるというか ハンバーグのパテごと うっているので、そちらを使ってるとか?? 料理って 本当に奥が深いですよね。
2011年05月10日 11:38
cookieさん、こんにちは。多くのレストランではかなり事前に用意してあるようですよね。お肉の臭みは大抵そのせいだと思います。同じレストランで食べても臭みのないときとあるときとあるのは、どれくらい前に作ったかによるのでしょう。

こちらのハンバーグは和牛(オーストラリア産ですが)のたぶんレストランで作られたものだと思うのですが、オーストラリアでは焼き加減を聞かれず全部完全にウェルダン(普通のウェルダンではなく、完全に色が変わって火が通り過ぎ)だったので、そのせいもあると思います。ただ、ハンバーグに限らず、高級なレストランのステーキもわたしは臭くてだめでした~(涙)。香港ではアメリカ産とオーストラリア産のビーフが手に入りますが、オーストラリア産の方が臭みが強かったのです、元々のお肉の質もあるのでしょう。ちゃんと熟成させていないせいかも。。。お友達のお宅でいただいたのはどれもとてもおいしかったので、その辺りは不思議です。やはり質の問題なのでしょうかね。