Pray For Japan おいしい援助☆



画像





昨日アップした日本人会での、Citron先生のカップケーキチャリティーバザーでカップケーキを買わせていただいて来ました。Citron先生やお仲間のみなさんが大変な思いをされて焼いてくださった、たくさんのカップケーキ。普段焼いている量ではないので、きっといろいろなアキシデントが起こってしまったのだと思います。パッケージに貼ってあるロゴは、Mayaさんが作ってくださったのだそうです。

さっそく、写真のためと称してキャラメル味をいただきましたが、ほんのりキャラメルの苦みもあり、とてもとてもおいしいキャラメルカップケーキでした。




画像





画像





引き続き明日も行われていますので、お時間のある方は是非、おいしいカップケーキをご購入ください☆





香港から戻って来てひいた風邪は鼻風邪で大したことなく助かったのですが、鼻炎だけは長引いていて鼻からは全く息が出来ず口を開けて息をしなくてはならない時期が続き、少し息が出来るようになってからも寝ている時に自分の鼻笛で度々目が覚めたりしていましたが(笑)、やっとずいぶん良くなって普通に息が出来るようになって来ました。ショックであまりなかった食欲も戻って来ました(良いのか悪いのか 笑)。周りではいろいろな方のチャリティーの活動が始まっています。自分が出来ることを細く長く続けたい、と思います。元気で支援を続けましょう。





The photos are cupcakes that we bought at a Japan Earthquake Charity Event at The Japanese Society in Singapore today. A friend of mine is a baking teacher and she baked and contributed the cupcakes with her friends - they baked more than 800 cupcakes for two days but they sold all today so they baked 750 again today for tomorrow. S$10 for 2 (or 3 for smaller( cup cakes, which will be donated to the Japan Earthquakes.



As you must all be doing, I have been glued to the news of the Japan Earthquakes, especially after our visitors (my husband's university friend and his wife) left us on Monday morning.

I think most of my friends are having similar emotions. After a relief that your families and your friends are all OK, you cannot help thinking of each person who was killed, lost their homes, lost their loved ones, of how they died and how they must be feeling if they survived. You feel sad, devastated, and helpless. Then you start feeling guilty that you are far away from your people and having a normal life, normal meals, a comfortable home.


As well as I myself being from Japan, my family and many of my friends and their families live there, and my husband also lived there for 12 years, so it was a big shock to both of us. We were in Kobe when the big Hanshin Earthquake happened 16 years ago and the two of us got off quite lightly - we lost almost all the glasses and dishes and many other personal belongings but, although our apartment (which wasn't our own anyway) was in a complete mess, there was no serious structural damage and we were both safe. However, my side of the family lost their home and almost everything that was in it. We ourselves cannot say went thorough a lot of hardship, but we lived in Kobe while it was struggling to get back on it's feet and have seen my parents struggle financially and otherwise. My husband used to have to use several different train lines to be able get to his office, walking in between the stations wearing walking boots and carrying a rucksack every day like everyone else did. Once the roads were somehow back, we would drive more than an hour to get to a supermarket to do our weekly shopping and then back. Nobody complained, we all got on with it. This time, the damage is even more severe and I deeply feel for them. However, at the same time, I believe in them.

I don't think there are many non-Japanese readers of my blog, but I would still ask just in case. I would appreciate it very much if you could make a donation to The Red Cross or some other responsible organisation for the recent Japan earthquakes. They really need it.

The victims from the Hanshin Earthquake, to my knowledge, did not get as much financial support as they should have. With such a significant number of people who needed help there wasn't enough money for them to get their normal life back. They got forgotten too quickly.

I understand that there are always people in need of help in this world and the victims of the recent earthquakes are not the only people, but I hope some of us including myself and my husband will not forget them and keep giving some support through the coming years.



Feeling guilty, helpless and sad is normal under the circumstances, but it doesn't help anybody. We should be doing what we can do to help those who need it.




この記事へのコメント

pink pig
2011年03月19日 19:06
私も今日、チャリティーカップケーキバザーに立ち寄りました。
シトロン先生やお手伝いをされたみなさんの気持ちのこもったカップケーキ、美味しくいただきました。
今回のnoodleさんの英語記事読ませていただいて、いろいろと思うことがありました。私は阪神大震災の時、当時6才の息子と二人、横浜にいて、夫はアメリカでした。あの当時は、まだ我が家にはインターネットもなく、携帯もなく、唯一の通信手段の電話が、関東圏でも繋がりにくかったのを覚えています。
息子には、大きな地震があってたくさんの人が亡くなられたことを伝え、テレビ映像はあまり見せないようにしていました。
阪神大震災のあと、地下鉄サリン事件があり、私はその後、夫のいるアメリカに行かねばならず、震災後の復興、被災された方々のことが気になりつつも、日々の生活に追われていたように記憶しています。募金も震災直後にしただけで、アメリカに行ってからは、恥ずかしながら、海外からサポートする方法も模索せずにいました。
阪神大震災でご自身やご家族が被災されたnoodleさんの言葉には本当に重みがあります。
この度の震災の被害の甚大さを思う時、今だけではなく、これから長い間援助していかなればならないと私も思います。 阪神大震災の時に長期的サポートができなかった自戒をこめて、心からそう思います。
2011年03月19日 19:22
pink pigさんもシトロン先生たちが焼いてくださったカップケーキを召し上がったのですね、おいしかったですね☆

被災者の方たちをすぐに忘れてしまうのは、たぶん自然の流れなのだと思います。世の中には次々と災害や哀しいことが起こりますし、そうできればと思ってもそのどれもに募金をしたりすることは実際問題不可能ですし、みんなそれぞれの生活もありますしね。でも、わたしたちのようにそういう経験を身の回りで見てきた者たちがせめてサポートして行きたいですし、出来るだけそういうアピールを世間に向けて発信出来ればと思います。
citron
2011年03月20日 00:05
noodleさん、今日はチャリティーカップケーキバザーにご協力くださり、本当にありがとうございました。
noodleさんのお顔が見えたとき、本当に嬉しかったです。
カップケーキもかわいく撮っていただけて、喜んでいると思います。
ありがたいことに、2時間くらいで今日と明日の分をすべて配り終え、先ほどまで日本人会のキッチンでカップケーキを焼いていました。
みなさんがブログで告知くださったおかげです。
私も今回のことだけで終わりではなく、これからも自分ができることを続けていきたいと思っています。
2011年03月20日 00:09
citronさん、大勢の方たちが来てくださって良かったですね。売り切れになってしまうのではと少し早めに伺って良かったです。明日も売り切れになりますように☆

たくさんのカップケーキを焼くのは大変だと思います、腱鞘炎,お大事になさってくださいね。