New Year Party! ワイン+オリーブオイル+ニューイヤーパーティー(ランチ)☆



今日のパーティーのメニューは、とてもとても簡単なメニューです。


実は、このような簡単で品数の少ないメニューをパーティーに選ぶのは、結構勇気のいることのような気がします。せっかく来ていただいたみなさんには満足していただきたいですし、また誰でも「なぁ~んだ、これだけ?」と思われるのは嫌ですから、決める前も決めてからも、「あれやこれを作るくらいなら簡単だし、パスタの種類を増やそうかな、それともサラダも作ろうかな。」などと思う気持との戦いでした(笑)。けれど、冷静に考えて、オリーブオイルのテイスティングではたくさんのパンをいただきますし、今回はおいしいオリーブオイルが主役です。スープも結構お腹いっぱいになりますし、お腹一杯のところにたくさんご馳走を並べるのはあまり粋ではない気がしますし、お客様も困られるはず。それに、オリーブオイルよりも更に大切なのは、みなさんと集まってわたしも含めてみんなが楽しく過ごせること。今回きりにせず、これからも時々形が変っても集まりたいと思っていることもあり、出来るだけ簡単なものを選びました。

長々と一生懸命言い訳しているように聞こえるかもしれませんが(笑)、あれこれ散々考えて決めた簡単メニューでした。結果的に、もっと大変なメニューにしていたら風邪がなかなか治らなかった時に相当焦ったと思いますので、自分にとってとてもラッキーでした。もちろんヘルプの手はいろいろな方が差し伸べてくださっていましたが、やはり可能な限りはお誘いしたこちらでご用意したかったので。

ただ、fuwariさんとMさんが強力なお手伝いのオファーをしてくださったので(笑)、お言葉に甘えさせていただいて少し早めに来ていただきお手伝いしていただくようお願いしました。実際には1時間ほど前には用意が出来てしまっていましたが、(いつも大抵1時間から30分前には用意が終っているのですが)、たまに思っていなかった事態がいくつか起きるとぎりぎりまでバタバタすることもあるので、万が一のときはお手伝いいただけると思うと気持が楽でした。


全員で10人(お一人体調を崩され、残念ながらいらっしゃれず)という大人数ですので、我が家の普段のテーブルにはとても座りきれません。香港ではこれだけの人数になったときはビュッフェ式にし、コーヒーテーブルの周りに座布団を敷いてかなりリラックした雰囲気で召し上がっていただいていましたが、今回集まってくださった方の中にはまだ気心が知れていない方も多いので、床に座っていただくというのはそぐわない気がしました。それに、ビュッフェ式にするとなれば、ある程度品数がなくては格好がつきません。今回はメニューが先に決まっていたような集まりでしたので、結局スタディーのテーブルを足して着席式にすることにしました。


我が家には食器もグラスも(IKEAのワイングラスだけはありますが)それだけの数は揃っていませんし、ナプキンも多いもので8枚、多くは6枚しかありません。ナプキンはペーパーナプキンにしても良いですし時代の流れとしてはその方が良いくらいなのですが(紙のほうが遠慮なく使えるとおっしゃる方も多いです)、個人的にはあまり好みではないので(色の感じが好きでないというか、カジュアル過ぎる雰囲気がうちには合わないというか、それから口元を拭いたときの感触があまり好きではないのです。。。人様のお家で出していただくときはもちろん全然気になりません、むしろ「遠慮なく使えて良い」と感じるのですからおかしいです、まぁ慣れの問題かもしれません)、出来ればクロスのものを使いたいと思っています。食器に関しては、そろそろ手持ちの食器に飽きて来ているので丁度買い足す良い機会かもとも思いましたが、買うにしても10枚以上同じ食器ばかりをほしいとは今は思わなくなっています。ちょっと悩みましたが、そうなるとミックスするより手はありません。食器は普段使っている白い食器を主に使いましたが、スープボールが足りなかったので4人分セットになった白にスカロップのレリーフのものを購入し、セットで使いました。(ミート皿、パン皿、ソープ又はサラダボール、大きなマグカップが4つずつの16ピースのセットが「Iwannagohome」で50ドル(3200円)以下でした(はっきりとした値段を覚えていませんが、30ドル台だったかも?)。ボールがちょっと大き過ぎる気はしますが、ランチや朝食などにも丁度良い感じのセットです。あまりお安いのでもう1セット買おうかと迷いましたが、そんなにたくさんあってもね。。。


テーブルクロスが黒、食器は白。ここに白や黒のナプキンを使うときっちりとした感じになってしまうので、濃いピンク、淡いピンク、明るいブルー、明るいグリーンと明るい色4数種類のナプキンをミックスで使い、キャンドルもナプキンの色をミックスして使うことでカジュアルで楽しい雰囲気になるようにと思いながらコーディネートにしました。お花もいろいろな明るい色のお花を買って小さな花束にするか、大きな濃いピンクのオーキッドを飾りたかったのですが、遠くまで買いに行く余裕がなかったので一番無難な白の蘭にしておきました。こういうとき、香港ならシティースーパーのお花屋さんに行けば何とかなるのですけれど。。。ナプキンとキャンドルの色が賑やかなので、お花がなくてもさみしい感じにはならなかったかなと思います。




画像




画像




画像





画像





さて、さて、すっかり前置きが長くなってしまいました。その簡単メニューは、こちら。



* オリーブオイルとパンや野菜
* 瓶入りのトリュフペーストをのせたブルスケッタ
* オリーブオイルと塩のブルスケッタ
* ウンブリアのサラミや生ハム

* レンティルとファロ(スペルト小麦)のスープ

*フェトチーネ(マッシュルームとミンチの赤ワインたっぷりのラグーソース)

*チョコレートポット、フィナンシェ、フレッシュフルーツ





しばらくテイスティングを楽しんでいただいた後、それぞれ一番お好きなオイルを選んでいただいて、おいしいお塩と共に、ブルスケッタ(オリーブオイルとお塩のもの、トリュフペーストのもの どちらも写真は撮り忘れました)、野菜のスティックなどをオリーブオイルで、他にウンブリアからお友達が持って来てくださったオリーブや生ハム類やサラミなどを最初の前菜に召し上がっていただきました。(生ハムは賞味期限が短かったのでお友達とみんなで少しいただいた後、冷凍していたものを使いました。どちらもお友達といただいたときはとてもおいしかったのですが、(デリで買って来てくださったものとスーパーのものとあったのですが、)スーパーのものは少し臭みが気になりました。サラミはとてもおいしかったです。)




画像





画像






2つめの前菜のスープは、野菜とレンティル(レンズ豆)、ファロ(スペルト小麦)のスープ。このスープはその日の気分で野菜やレンティルやファロの割合を変えたり、トマトを入れたり入れなかったり。今日はお野菜たっぷりにし、トマトも少し入れました。前日に作ったのでファロが少し柔らかくなり過ぎたかな、と思います、もう少し歯ごたえがある状態のほうがおいしいかも。

スープは少しだけ入れたつもりでしたが、やはりみなさんこのあたりでお腹がいっぱいになってしまわれた様子。オリーブオイルを召し上がっていただくためにはどうしてもパンを召し上がっていただくことになり、メニューは単純なのですがお腹が一杯になってしまうのが難点です。



画像





メインは、やはりウンブリアからお友達がお持ちくださったドライのポルチーニを加えたマッシュルームたっぷりのラグーをフェトチーニと。牛ミンチも少し入っていますが、ほとんどがマッシュルームと言って良いくらいの割合。赤ワインがたっぷり入っているので、お肉が少ない割には重めのしっかりとしたソースです。本当はパスタはブガトーニが良いのですが、シンガポールではまだ見つかりません。




画像





fuwariさんがおいしいフィナンシェ(大好き)をたくさん焼いて来てくださって、Mさんもたくさんのフルーツをお持ちくださいました。なのに、デザートの写真は撮り忘れてしまって、とても残念(涙)。わたしはチョコレートポットを作ったのですが、大失敗。これまでこんなことはなかったのに。。。(涙)。シンガポールで初めて作ったチョコレートポットでした。近いうちにリベンジをしなくては!




画像






予想していたこととは言え、みなさん途中でかなりお腹が苦しくなられた様子でした。メニューを組む時もそうなりそうとは思ったのですが、オリーブオイルは必須、生ハムとサラミも召し上がっていただきたい、ファロも使いたい、ドライポルチーニも使いたい、とお友達にいただいたあれこれでウンブリア・テイスティングパーティーにしたかったので、強行してしまいました(苦笑)。苦しい思いをさせてしまって、すみません。また、パスタ10人分を一度には無理なので、席を立っている時間が長くなってしまい、落ち着かない思いをさせてしまったかもしれません。この人数になるとやはりビュッフェ形式の方が適していますね。今回は例外、ってことでお許しください。



ワインについては、別記事にします☆




As this occasion was to taste "(mainly Umbrian) Italian Foods" that our friends brought from Italy, it was quite easy to decide the menu. I kept it pretty simple as there were going to be many of us.


* Olives (from Umbria)
* Olive Oil (from Umbria) with bread
* Bruschetta - one with porcini paste and one with just olive oil & salt
* Cured Ham and Salami (from Umbria)

* Vegetable, farro & lentil soup
(with Focaccia baked by a friend)

* Fettuccine with Dry-porcini, fresh mushrooms & minced beef ragu (with lots of red wine)

* Chocolate pot
* Fresh fruits (from a friend)
* Financie (baked by a friend)


Unfortunately, to be able to taste olive oil you need quite a lot of bread. The soup is also quite filling. Although I was careful not to give too big a portion of the soup, I think they were feeling quite full by the time we had the main. I don't like to force people to eat and I did think about this before deciding the menu but I decided this was what I wanted to do this time because a major part of the party was to share what our friends from Italy brought to us. Even though everybody was very full, they all said they enjoyed everything, which hopefully is true.

My chocolate pot was a disaster, though. This was my first time to make it in Singapore. I don't know if it was the chocolates or the temperature or what. Oh, well, these things happen. Fortunately it was very small and we had other desserts my friends kindly brought, so all was well.

Another posting about the wine is coming.

この記事へのコメント

fuwari
2011年01月15日 12:16
noodleさん、先日はとても楽しい企画を考えてくださった素敵な新年会にお招きいただき、ありがとうございました。
大勢のパーティーのご準備はとても大変でしたでしょうに、お手伝いするまもなく、準備も終わっていて、すごいなぁ。。。と感心するばかりでした。
いつも勉強になります。。。☆
オリーブオイル、とてもおいしかったです。お料理もすべてとてもおいしくて、
いつものようにおなかいっぱいいただきました。
今年も素敵な一年になりますように。。。どうぞ宜しくお願いいたします。
2011年01月16日 23:02
fuwariさん、こちらこそいつもいろいろとお気使いいただいて、ありがとうございます。おいしいフィナンシェもありがとうございました。

今回のパーティーの準備は、前菜はほとんど並べるだけでしたし、スープもパスタソースも材料を入れて煮込むだけというもので前日に出来ましたので大した準備でもなかったのですが、人数が多いとなかなか目が行き届かなかったり、盛りつけるだけでも時間がかかったりで落ち着かない気分ではなかったかとそれだけが心配です。楽しんでいただけたのでしたら、とても嬉しいです。

ワイン消費に関してはbirdyさんとfuwariさんには特に頼りにさせていただいていたのですが(笑)、birdyさんはいらっしゃれず、fuwariさんもあまりゆっくり飲まれるお時間がなかったのではないでしょうか。全部消費しきれず残念でした。(夫は喜んでおりますが。笑)

こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いいたします